第1376回例会(6月第2例会)

第1376回例会(6月第2例会・年次例会)

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」

出席率68.8%

開会宣言 会計L漆畑 正彦

会長挨拶 L齋藤 善裕                             ・1年間無事会長を務める事が出来たことに感謝。

メンバースピーチ

L鈴木 敏弘(1988年9月入会)

幹事として1年間務められた事に対してお礼。                      今年度の目標達成成果発表                              ・メンバースピーチ80%実施                          ・地区年次例会で3部門受賞                           ・LCIF献金による表彰(L齋藤・L繁田の賜物)                                     ・新会員5名入会は、努力したが結果的に未達成となった。

L清水 信夫(1981年10月入会)

ご自身の誕生秘話から幼少時代の戦争体験・肉親との別れ等の話、                 及び静岡葵LC入会と、以降のLCとの関わりと背景について話をされました。     又、ライオンズのスローガンの意味(LION)(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる)の再確認。ライオンズの奉仕活動のみならず、地域の活動に対しても、ライオンズの一員として活動してほしいと話されました。

LCIFメルビン・ジョーンズ・フェローアワード伝達               L齋藤 善裕 14回目 多くの寄付ありがとうございました。

長期出席アワード伝達                               20年・L村松 由雄

ビッグ・クラブ・キーの伝達                           会長 L齋藤 善裕から次期会長予定者L小笠原英訓                L齋藤1年間お疲れ様、ありがとうございました。L小笠原よろしくお願いします。

幹事報告 幹事L鈴木 敏弘 会長との二人三脚お疲れ様でした。

移動退会挨拶 L吉田 裕行(中部電力静岡営業所所長)              1年間という短い時間ですが、多くの奉仕活動にご尽力頂きありがとうございました。

懇親会

メンバーの皆様1年間奉仕活動ありがとうございました。              今年新装したロイヤルセントヨークの会場でお互いの活動に対して労い、美味しいお酒と食事で時間を過ごしました。

 

カテゴリー: 例会 | 第1376回例会(6月第2例会) はコメントを受け付けていません。

第1375回例会(6月第1例会)

第1375回例会(6月第1例会・メンバースピーチ)

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」 出席率 64.4%

開会宣言 社会奉仕・環境保全委員 L亀山 祐次

次期テールツイスター予定者の変更について 次期役員指名委員長 L良知 義久       次期テールツイスター予定者 L飯野 美枝子となりました。

静岡葵LC旗争奪剣道大会実行委員会の設置を決めました。 会長予定者 L小笠原英訓

メンバースピーチ

L齋藤 善裕(2002年7月入会)

L近藤 正俊(1995年12月入会)

L重田 和夫(1982年4月入会)

メンバスピーチありがとうございました。

国際会長感謝状・LCIF理事長感謝状アワード伝達 幹事 L鈴木 敏弘

LCIF理事長感謝状 L重田 和夫(MJF3口以上寄)            ・今年度3口寄付頂きました。ありがとうございました。

LCIF理事長感謝状・国際会長感謝状 L齋藤 善裕(MJF5口以上)      今年度12口頂きました。ありがとうございました。

会員祝いおめでとうございます。

閉会宣言 友好・ライオネス・YCE・青少年・LCIF委員 L佐野恵美子

 

カテゴリー: 例会 | 第1375回例会(6月第1例会) はコメントを受け付けていません。

第1374回例会(5月第2例会)

第1374回例会(5月第2例会)・メンバースピーチ

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」・出席率60%

開会宣言                                       友好・ライオネス・YCE・青少年・LCIF委員 L落合 偉洲

 

剣道大会開催について 次期会長予定者L小笠原 英訓

前大会が終了し新たな剣道大会について、総会にて会員の承諾が得られた。       (仮称)第1回静岡葵ライオンズクラブ旗争奪剣道大会

メンバースピーチ 会則・財務委員 L小澤 勝治(1991年2月入会)

L小澤は、入会27年目となり、自分の生い立ちと仕事の内容について話されました。21歳の時に税理士を目指して東京の学校へ行き、終了後地元に戻り会計は事務所に勤めた。父親を交通事故で失い、負債を抱えその処理に追われた。その事で法律の知識が無く大変苦労をした結果、30歳になって法律の知識を習得すべき司法書士を目指し、資格を取り現在に至っている。司法書士の業務内容を話され、中でも相続の件に多くの時間を割いて話されました。ありがとうございました。

第64回年次大会にて「三献運動推進賞」・「LCIF・クラブ献金賞」・「クラブ会報・ホームページコンテスト会報の部」で年次表彰を受けました。1年間のメンバーの活動の成果です。ありがとうございました。

TTタイム L鈴木 敏弘  ドネーション48,000円

閉会宣言 副監事 L横山 道之

 

 

カテゴリー: 例会 | 第1374回例会(5月第2例会) はコメントを受け付けていません。

第1373回例会(5月第1例会)

第1373回例会(5月第1例会)・メンバースピーチ

開会宣言 ライオンズ情報・PR委員 L芦屋 潔子

メンバースピーチ

L漆畑 正彦(2001・7月入会)

L漆畑は、次期の委員会・友好・ライオネス・青少年・LCIFについて話をされました。友好葵は、入会当時から全て出席していて、印象に残っている大会は、飛鳥Ⅱで行われた川崎大会、船の上で行われた行事が素晴らしかった。YCEは、ぺんぎーのトーマス君(男性・16歳)とリリアンさん(女性)の二名に携わった。ベルギーは、16歳から飲酒が許可されていて、こちらでもお酒を飲んだこと。言葉がなかなか通じず大変苦労した事。リリアンさんは、本物の寿司が食べたいと言い、回転寿司でないところに行った事など話されました。

L良知 義久(2001年12月入会)

L良知は、入会当時から携わった葵の例会・周年事業等の事を話されました。   入会当時ぱ、例会が昼・夜あった事、40周年・50周年・55周年に携わった中で、50周年は、友好葵静岡大会と同時開催となり、1年前から準備を行ってきた。パレードを呉服町通りで行うために手続きが大変だった事。しかし雨で中止なってしまった。色々な関係者の協力で周年事業が執り行われた。例会出席、役員も行う事も奉仕活動の一つと捉え頑張っています。

L伊藤 典男(1998年・8月入会)

L伊藤は、67歳にして挑戦した事を話されました。それは、野菜作りです。家は、昔からの農家で、父が稲・野菜・ミカン、ナシ、イチジク等作ってきたが、加齢による体力の衰えに伴う農作業の減少で、耕作が出来ない農地を他の人に貸してきました。しかし、昨年末に返還されてしまったので、その土地の一部を利用をして野菜作りに挑戦している事。農機具も前に処分してしまったので、今回の事で新たに購入した事等話されました。

L村松 由雄(1997年・7月入会)

L村松は、入会の経緯及びライオンズライフについて話をされました。入会は、会社の前会長故L村松の紹介で、本人の承諾なく入会が決定して告げられた。同じ村松の名字だけど親戚関係ではない。ゴルフは、故L平井の紹介により葵会に入会して以来現在も続いている。酒も好きで今後もたしなみ、良き友と付き合い楽しみたい。

感謝状伝達

スペシャルオリンピックス日本 静岡より助成金の贈呈に対して感謝状が送られました。

会員祝い

結婚祝い・誕生祝いの方々おめでとうございます。

閉会宣言

ライオンズ情報・PR委員長 L三宅 泰久

カテゴリー: 例会 | 第1373回例会(5月第1例会) はコメントを受け付けていません。

第1372回例会(4月第2例会)

第1372回例会(4月第2例会・浜行き家族例会)

春うららの気候の中、用宗漁港にて「浜行き家族例会」が            静岡漁港の青年部の皆様のご厚意により行われました。

開会宣言 計画大会副委員長 L楪 定一

会長挨拶 L斎藤 善裕

乾杯 第一副会長 L小笠原英訓

食事・交流タイムです。                           お酒を提供して頂いたアサヒビール(株)のL西野・                葉しょうがを提供して頂いたL山田ありがとうございました。

刺身・焼き魚料理ありがとうございます。

 

 

 

閉会宣言 計画大会委員 L山本 哲也

 

カテゴリー: 例会 | 第1372回例会(4月第2例会) はコメントを受け付けていません。

第1371回例会(4月第一例会)

第1371回例会(4月第⒈例会・メンバースピーチ)

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」

メンバースピーチ

L鈴木 源一郎(2008・7月入会)                      2008年に北朝鮮に旅行した時の話しをしてくれました。             日本と国交のない国「北朝鮮」・当時団体で旅行の機会があり、初めて訪れた北朝鮮に大いに興味を抱いた。入国の厳密な審査やバスでの移動、ホテル従業員とりの接し方、少しでもおかしい事があると大変な状況になる。自由が一切ない国の姿を見る事に成った。

L杉山 隆昭(2007・1月入会)                        「人生は旅先の縁」8年前に欧州を船旅をした時、船の上で出会った人々の出来事を話してくれました。旅行は、結婚20周年・子供さんの留学等があり企画したそうです。  当時、全国的に有名で紅白などに歌手の伴奏を行っていた、原信夫とシャープアンドフラッツの原信夫さんとのエピソードを話してくれました。

100周年記念会員増強賞伝達                         (100周年期間中の槙会員が2年と1日以上在籍したスポンサー)         L小林 寛子・L落合 偉洲・L小笠原 英訓

LCIFメルビン・ジョーンズ・フェローアワード伝達                    L齋藤 善裕 11回目

会員祝い                                     結婚祝い・誕生日祝いの皆様おめでとうございます。

閉会宣言 社会奉仕・環境保全委員L吉田 裕行                  L吉田の今の一番の悩み・・電柱のカラスの巣の撤去。この時期巣作りに励むカラスが電柱の上に巣を作り、送電に影響を及ぼす機会が多いようです。

カテゴリー: 例会 | 第1371回例会(4月第一例会) はコメントを受け付けていません。

第1370回例会(3月第2例会)

第1370回例会(3月第2例会・メンバースピーチ)

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」

次期会長L小笠原英訓から、次期理事会・ 委員                  会編成表が発表されました。 指名された委員長、                 委員の方々よろしく お願いします。

 

メンバースピーチ                                 L横山 道之(2011.9月入会)                       L横山は、仕事の関係上日曜日に行う社会奉仕                                                                           活動の参加は不可なので、自分の出来る奉仕                    活動として、静岡マラソン開催時、自分の会社                   前がコースとなっているので、選手の休憩場と                     して飲物(ビール・ワイン・酒・お汁粉等)を                     提供しているとの事でした。今後も自分の出来                    る範囲で奉仕活動をして行きたいと話していま                     した。

 

 

 

 

 

L楪 定一 (2006.9月入会)                       L楪は、父親の仕事の関係で静岡に移住してきた。                 父親は、トンネル工事に携わる土木技師でL楪も                  同じ仕事を2年間携わった経緯があり。                       石原裕次郎の代表映画の一つである「黒部の太陽」                 があります。黒部ダム建設の壮絶なる記録映画で                    あります。その映画の影響で石原裕次郎の歌が好                  きになり、現在では70曲余り覚えたそうです。

L小笠原英訓(2006.4月入会)                       L小笠原は、2年前に発病した後遺症に悩まされて、                人前で話しをする事が怖い時があり、緊張すると                  自分の意思に関係なく身体に影響が出てくるようです。               現在もリハビリを続けていて、緊張が解れるように                 なった段階で、リハビリの第1段階が終了する事                   でした。今の現状を理解して頂き会長職に努めて                   行きたいと話していました。

 

「頑張れL小笠原・無理しなくいい皆が応援するから」

 

L飯野美枝子 (2006.6月入会)                      L飯野は、自分の趣味について話されました。                   ・一つ目は、大好きな読書-寝る前に読む時が                   一番安らぐそうです。                              ・二つ目は、ゴルフ-35才にレッスンを受け                   始めて現在に至っている。最近は、手に支障が                    あり出来ない状況てすが、良くなっているそうです。                ・三つ目は、茶道-なぜ好むか不明・先生や良い                  仲間が居るから。仲間と出会う事が長く                      続けられる秘訣。

開会宣言                                                  L野々村洋史

閉会宣言                                                  L橘 興徳                                         朝日生命保険を定年退職となり、今回で最後の                   例会出席となる旨の挨拶ありました。                       3年間御一緒に活動出来た事に感謝申し上げます。                  ありがとうございました。

例会風景

カテゴリー: 例会 | 第1370回例会(3月第2例会) はコメントを受け付けていません。

第1369回例会(3月第1例会)

3月第1例会(次期役員選挙・メンバースピーチ)

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」

次期役員選挙が行われ、次期役員予定者が決定しました。              次期会長予定者 L小笠原 英訓                          次期幹事予定者 L三宅 泰久                             及び次期役員予定者になられた方々よろしくお願いします。

 

今回は、ひな祭りにちなんで女性4名の方々に                   スピーチをして頂きました。ありがとうございました。

L小林 寛子 (2015.8月入会)                                  職業歯科医師から見た奉仕の方法についてお話をされました。             「国は国民の健康を守らなけばならない」現在治療診療から             予防診療へシフトしている。歯科医師も同じで、歯の病気              から守り健康な歯を提供できるようにすること。                  全ての歯科医院には、AEDの講習の受講と設置が義務づけ              られている。機器は高額で、規定の期間で更新の必要があります。          自分としては、更新する費用も国民の命を守るための奉仕の一つ           と考えています。

L芦屋 潔子 (2010.7月入会)                       L芦屋は、清水銀座の七夕まつりで世話役で携わった時の                模様をお話しをされました。                               清水銀座の七夕祭りは、例年4日間行われる大きな祭りで、             それぞれの願い事を短冊に書きしたため、笹に結び付けている            ほほえましい風景が見られました。金色の短冊は、願いが叶った方が            お礼として書くもの。昨年の短冊は、17、000枚書かれれて            いたそうです。                                 「昨年の清水七夕まつり・第65回で約60万人の来場者あり」

 

 

 

 

 

L佐野 恵美子 (1997.3月入会)                      L佐野は、骨髄移植についてお話頂きました。御自身のお孫さんが           実際白血病を煩い、骨髄移植を1回目に幼稚園の年長時、              2回目を小学校の時に行った。しかし、もとの体に戻ることは叶わなかった。      骨髄移植は、患者と同じ白血球の型が適合しないと行えない。            治療の難しい血液疾患であり、現在提供者(ドナー)登録の慢性不足の         状況となっている。お孫さんに提供された30才の男性のお礼の手紙の        内容もお話頂きました。                            「自分の行動で人の命が救える」

 

 

 

 

 

L高田 正子 (1966.6月入会)                      L高田の入会のきっかけは、22年前に「月2回の食事と月1回のゴルフ        があるから、入会しないか。」と言われ入会したそうです。              当時ラオスに学校を建てる事をアクティビティとしていたので、           大変驚いたそうです。人生の2/3をゴルフで過ごした「ゴルフの歴史」       についてスピーチされました。国内でコースの多い県は、千葉県162コース     ・静岡県は、90コース・静岡最初のコースは、伊豆川奈コースで昭和3年に      造られたそうです。L高田は、県内女性会員第1号です。              益々の活躍をお祈りします。

 

 

 

 

 

会員祝い                                            結婚祝い・誕生祝いの皆様おめでとうございます。

開会宣言  L佐野 靖浩               閉会宣言 L堀田 敏男

 

カテゴリー: 例会 | 第1369回例会(3月第1例会) はコメントを受け付けていません。

第1368回例会(2月第2例会)

2月第2例会(次期役員指名・メンバースピーチ)

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」

今回は、次期役員候補者指名名簿が発表されました。                指名された各LCの方々は、葵LCの為に快く引き受けて                頂きたいと思います。

今回は、3名のメンバーにスピーチをして頂きました。                L堀田 敏男(2013.2月入会)

L堀田は、入会5年目に入り現在副幹事として活躍しています。           今年1月に白内障の手術を1年待ちで行い、現在視力が1.2迄              回復し、視界が明るく見えて今の状況に驚いているようです。              中学時代から掛けていた眼鏡が、今回の手術により不要となった           ようです。しかし、長年眼鏡を掛けてので外すのに不安があり、           現在は度無しのメガネを着用しているとの事でした。

L飯野 吉明(2010.9月入会)

L飯野は、今期第二幅会長として活躍されています。                スピーチの内容は、奉仕活動と、再開発事業についてお話を              頂きました。現在葵LCが行っている奉仕活動が無くなってきている。               くじら教室が無くなり、剣道大会の存続も不明な状況なので、            葵LCとして誇りある新しいアクテビティの検討が必要。                      再開発事業については、静岡市内で現在9個所で完成し、              現在10番目の事業が進行中となっている。                    L飯野が自ら事業を手掛けた南口の「駿河スカイタワー」                静岡駅前南町10地区の再開発事業について、事業開始から              8年の年月を経て完成に至った経緯等を説明されました。               L飯野も当事者として相当なご苦労があった事と思います。                     しかし、南口に素晴らしい静岡のシンボルが誕生しました。

L藤田 稔力 (2009.9月入会)

L藤田は、二年理事・友好・ライオネス・青少年・LCIF                    担当理事として活躍されています。                         スピーチは、御自身の会社(有)藤常銅工所の概要について話をされました。             会社のモットーとして「「環境にやさしく」をテーマに仕事にあたる。            ・安全第一・良い仕事をより安く」を掲げています。                現在会長の身で、息子さんが4代目を就いて頑張っています。             戦前は、飛行機の板金工事を手がけていて、戦後は国内産業の変化に           会わせ事業も変えて、現在は、社員15名で建築物のダクト工事の          設計・施工を中心に事業を行っています。

L齋藤会長は、挨拶の中で葵杯剣道大会の存続に触れ、               現在の所未決定ですが、難しい状況を説明しました。

開会宣言 L近藤 正俊

閉会宣言 L橘 興徳

 

 

カテゴリー: 例会 | 第1368回例会(2月第2例会) はコメントを受け付けていません。

第1367回例会(2月第1例会)

2月第1例会(メンバースピーチ)

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」

今回は、L三宅 泰久とL原川 久の2名のメンバースピーチを行いました。      ありがとうございました。

L三宅 泰久(2015.7月入会)

入会して3年目に入り、今期は、情報・PR委員長として活躍しています。      会報「静岡葵ライオンズ通信」を毎月発行して頑張いて、今年度も表彰獲得を     目指しています。

・ライオンズクラブ国際財団(LCIF)の研修に参加した時の感想を           述べられていました。                              「LCIFの使命は、地域社会や世界で奉仕するライオンズを支援する         ことであり、その使命を達成するために、ライオンズの協力が必要不可欠である」        と感じた。又、25日のモニュメント清掃奉仕活にも参加し、汗をかく奉仕にも尽力したい」

L原川 久(2013.2月入会)

入会して5年目に入り、今期は、ライオンテーマとして毎回例会の進行を進めています。 最近は、体調を崩し欠席せざる日々が続いていましたが、今回は、痛みを堪えて出席し、スピーチをして頂きました。

L原川は、ライオンズクラブとしての奉仕活動の他、保護司としての奉仕活動も長く 続けられているとの事でした。保護司は、全国に55,000人の方がいて、静岡駿河区には、77名が登録されているそうです。保護司の仕事は、社会的に間違いを犯した青少年の社会活動をお手伝いし、日々の生活態度を見守っていく等、地道な活動で苦労の絶えない奉仕だと思います。感謝申し上げます。又、薬物乱用防止講習会に出席した時の話もして頂きました。「薬物乱用はダメ。ゼッタイ。」薬物の恐ろしさを多くの青少年に伝えていきたいので、メンバーの皆さんに講習会への受講をお願いしました。

会員祝い                                     結婚祝・誕生祝の皆様おめでとうございます。

LLCIFフェローアワード伝達 L齋藤(9回目)

カテゴリー: 例会 | 第1367回例会(2月第1例会) はコメントを受け付けていません。