第1369回例会(3月第1例会)

3月第1例会(次期役員選挙・メンバースピーチ)

スローガン「美しい真心の行動で社会奉仕」

次期役員選挙が行われ、次期役員予定者が決定しました。              次期会長予定者 L小笠原 英訓                          次期幹事予定者 L三宅 泰久                             及び次期役員予定者になられた方々よろしくお願いします。

 

今回は、ひな祭りにちなんで女性4名の方々に                   スピーチをして頂きました。ありがとうございました。

L小林 寛子 (2015.8月入会)                                  職業歯科医師から見た奉仕の方法についてお話をされました。             「国は国民の健康を守らなけばならない」現在治療診療から             予防診療へシフトしている。歯科医師も同じで、歯の病気              から守り健康な歯を提供できるようにすること。                  全ての歯科医院には、AEDの講習の受講と設置が義務づけ              られている。機器は高額で、規定の期間で更新の必要があります。          自分としては、更新する費用も国民の命を守るための奉仕の一つ           と考えています。

L芦屋 潔子 (2010.7月入会)                       L芦屋は、清水銀座の七夕まつりで世話役で携わった時の                模様をお話しをされました。                               清水銀座の七夕祭りは、例年4日間行われる大きな祭りで、             それぞれの願い事を短冊に書きしたため、笹に結び付けている            ほほえましい風景が見られました。金色の短冊は、願いが叶った方が            お礼として書くもの。昨年の短冊は、17、000枚書かれれて            いたそうです。                                 「昨年の清水七夕まつり・第65回で約60万人の来場者あり」

 

 

 

 

 

L佐野 恵美子 (1997.3月入会)                      L佐野は、骨髄移植についてお話頂きました。御自身のお孫さんが           実際白血病を煩い、骨髄移植を1回目に幼稚園の年長時、              2回目を小学校の時に行った。しかし、もとの体に戻ることは叶わなかった。      骨髄移植は、患者と同じ白血球の型が適合しないと行えない。            治療の難しい血液疾患であり、現在提供者(ドナー)登録の慢性不足の         状況となっている。お孫さんに提供された30才の男性のお礼の手紙の        内容もお話頂きました。                            「自分の行動で人の命が救える」

 

 

 

 

 

L高田 正子 (1966.6月入会)                      L高田の入会のきっかけは、22年前に「月2回の食事と月1回のゴルフ        があるから、入会しないか。」と言われ入会したそうです。              当時ラオスに学校を建てる事をアクティビティとしていたので、           大変驚いたそうです。人生の2/3をゴルフで過ごした「ゴルフの歴史」       についてスピーチされました。国内でコースの多い県は、千葉県162コース     ・静岡県は、90コース・静岡最初のコースは、伊豆川奈コースで昭和3年に      造られたそうです。L高田は、県内女性会員第1号です。              益々の活躍をお祈りします。

 

 

 

 

 

会員祝い                                            結婚祝い・誕生祝いの皆様おめでとうございます。

開会宣言  L佐野 靖浩               閉会宣言 L堀田 敏男

 

カテゴリー: 例会 パーマリンク